メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 「救済対象者に通知を」 被害弁護団、与党WTに要望

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、被害弁護団は25日、救済策を検討している自民、公明両党による与党ワーキングチーム(WT)の会合に初めて出席した。弁護団は、救済対象者に救済制度を知らせるために通知することなどを求めた。与党WTは被害弁護団の要望を踏まえ、月内にも救済策の骨子を公表する方針だ。

 救済策を巡っては、弁護団側は、救済対象であることを被害者本人に通知するよう求めてきたが、与党WTや…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです