メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊 「救済対象者に通知を」 被害弁護団、与党WTに要望

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、被害弁護団は25日、救済策を検討している自民、公明両党による与党ワーキングチーム(WT)の会合に初めて出席した。弁護団は、救済対象者に救済制度を知らせるために通知することなどを求めた。与党WTは被害弁護団の要望を踏まえ、月内にも救済策の骨子を公表する方針だ。

 救済策を巡っては、弁護団側は、救済対象であることを被害者本人に通知するよう求めてきたが、与党WTや…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです