メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

2018ドラフト会議 コイと小園に赤い糸

広島に1位指名され、ポーズをとる報徳学園高の小園(中央)=平川義之撮影

 ◆広島

4球団競合「びっくり」

 報徳学園高の小園は兵庫県西宮市内の同校の会議室で、同級生や両親らとともにテレビでドラフト会議の様子を見守った。4球団競合に「びっくりした」と驚いたが、広島が交渉権を引き当てた後は「(ドラフト1位指名を)目標にやってきた。ホッとした」と笑顔を見せた。

 高校通算38本塁打の俊足巧打の遊撃手で、昨春センバツではチームの4強入りに貢献し、昨年のU18(18歳以下)ワールドカップと先月のU18アジア選手権の高校日本代表に選ばれた。

 広島については「野球は粘り強く、ファンが熱く、明るい印象」とイメージを語り、「赤い色が好き」と今夏…

この記事は有料記事です。

残り4054文字(全文4332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです