メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ドラフト 根尾は中日、4球団競合 金足農・吉田は日ハム

記者会見する、中日から1位指名された大阪桐蔭高の根尾昂内野手=大阪府大東市の同校で2018年10月25日午後5時50分、小出洋平撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日、東京都内のホテルで開かれ、今年の甲子園で史上初となる2度目の「春夏連覇」を果たした大阪桐蔭高の根尾昂(ねおあきら)内野手(18)は、中日が交渉権を得た。ヤクルト、巨人、中日、日本ハムの4球団が競合し、中日の与田剛新監督が引き当てた。根尾は高校通算32本塁打、投げても最速150キロを誇り、投打に大きな可能性を秘めた逸材として人気が集中した。今季、セ・リーグを制した広島は1位指名で、DeNA、ソフトバンク、オリックスと競合の末に、兵庫・報徳学園高の小園海斗(こぞのかいと)内野手(18)を引き当てた。今夏の甲子園で1回戦から4試合連続2桁奪三振をマークするなど準優勝に貢献した秋田・金足農高の吉田輝星(こうせい)投手(17)は、日本ハムから1位指名を受けた。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです