メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デサント・伊藤忠

深まる溝 韓国事業で売上高の5割 「偏重」懸念 筆頭株主買い増し継続

食い違うデサントと伊藤忠商事の主張

 スポーツウエア大手のデサントと筆頭株主の伊藤忠商事との関係がこじれている。両社は長年協力関係を築いてきたが、経営方針を巡って折り合わず、伊藤忠が今夏以降、保有株式の買い増しを段階的に継続。デサントは不快感を示して溝が深まっている。関係が改善しないままでは、敵対的買収に発展する可能性もある。【釣田祐喜】

 デサントは2018年3月期の売上高が1411億円で過去最高を更新するなど、業績は悪くない。しかし、…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです