メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 女子65キロ・源平、女子76キロ・皆川が銅

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第5日は24日、ブダペストで行われ、女子で50キロ級の須崎優衣(早大)、53キロ級の奥野春菜、62キロ級の川井友香子(ともに至学館大)が25日の決勝に進んだ。

 昨年大会で須崎は48キロ級、奥野は55キロ級を制しており、2年連続の世界一を目指す。川井友は、23日に59キロ級を制した姉の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)とともに姉妹で世界一に輝けば、2006、07年に2連覇した伊調千春、馨以来となる。

 76キロ級の皆川(旧姓鈴木)博恵(クリナップ)は3位決定戦が不戦勝となり、75キロ級の昨年に続いて…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです