メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚

「アニメ聖地」に手塚治虫記念館 認定プレート贈呈

「訪れてみたい日本のアニメ聖地」の認定プレートを披露する宝塚市立手塚治虫記念館の河合晋一館長(右)ら=宝塚市栄町で撮影2018年10月25日午後6時42分、土居和弘撮影

 兵庫県宝塚市の市立手塚治虫記念館(武庫川町)が、国内外のアニメーションのファンらの投票による「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」に選ばれ、25日、市内で認定プレートの贈呈式があった。漫画家、手塚治虫(1928~89年)は宝塚で幼少期から約20年間を過ごし、来月に生誕90年を迎える。記念館の河合晋一館長は「節目の年でもあり、聖地巡礼に多くの人たちが訪れてくれたら」と話している。

 「アニメ聖地」は、国内各地にあるアニメや漫画作品にゆかりの場所を国内、海外に発信している一般社団法…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです