メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富田林逃走

署長ら計7人、減給や戒告の懲戒処分

大阪府警富田林署=大阪府富田林市で2018年8月、幾島健太郎撮影

 大阪府警富田林署から逃げたとして樋田淳也(ひだ・じゅんや)被告(30)が加重逃走罪で起訴された事件で、府警は26日、署の留置管理の不備が逃走を招いたとして、山内寛署長ら計7人を減給や戒告の懲戒処分にした。

 広田耕一府警本部長はこの日、「長期間にわたり、多くの皆様に多大な不安と心配をおかけしたことを改めて深くおわびします」とのコメントを出した。

 府警によると、山内署長のほか逃走当時の留置担当者2人を減給。当直責任者ら4人を戒告とした。7人はい…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです