自民

岸田氏「首相訪中、夢のよう」13年は“開戦前夜”

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の岸田文雄政調会長は25日の自派会合で、2013年当時の日中関係を「開戦前夜」だったと振り返りつつ、日本の首相として7年ぶりの安倍晋三首相の中国公式訪問を「夢のような思いがする」と歓迎した。

 岸田氏は、尖閣諸島国有化(12年)直後の外相就任当初の日中関係について「中国艦船による自衛艦への(射…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集