メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋大など

声や視線で操作する自動運転車を開発

名古屋大などが開発した、運転者の声や視線などで操作する自動運転車=名古屋市千種区の名古屋大構内で2018年10月25日午後0時40分、小倉祥徳撮影

 名古屋大と徳島大、自動車部品大手アイシン精機は25日、運転者の声や視線などで操作する自動運転車を開発したと発表した。自動走行中の加減速やルート変更、周囲の建物案内などを人と車のやり取りで実現する対話型システムを搭載したもので、世界初の試みという。

 新システムでは、人工知能(AI)を用いた自動音声や、運転手の表情などから脇見や居眠りを検知するアイシンの技術を活用する…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです