メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

7カ月ぶり安値 米国発株安、再び連鎖

大幅に下落した日経平均株価を示すボード=2018年10月25日、AP

 東京株式市場は25日、前日の米国株の急落を受けて全面安の展開となり、日経平均株価の終値は前日比822円45銭安の2万1268円73銭と、約7カ月ぶりの安値をつけた。今月上旬にバブル崩壊後の最高値を記録してから、わずか3週間で約3000円も下落した。アジア市場でも株価が下落し、今月11日に続き再び米国発の株安が連鎖する形になった。米中貿易戦争への懸念の高まりなどから、市場は不安定な動きが続いている。

 24日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、前日終値比608・01ドル安の2万4583・42…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです