メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

欧州、武器輸出の凍結巡り対応割れる

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者が死亡した事件で、欧州各国はサウジを非難する一方、武器輸出の凍結を巡って、対応が割れている。ドイツは、武器輸出を当面凍結する方針を表明。英国やフランスは、国内産業に利益をもたらす武器輸出を継続する姿勢を示しており、国内からも批判を受けている。

 英国のメイ首相は24日、英下院で、サウジを強く非難しながらも、武器輸出については「英国は世界で最も…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです