メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

「周到に準備された殺人」可能性高まる

ジャマル・カショギ氏=AP

 【イスタンブール高橋宗男、カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件で、国営サウジ通信は25日、サウジ検察当局がトルコ側から得た情報として「事件は計画的だった」と伝えた。サウジ側が、これまで否定してきた「故意」を初めて認めた形で、事件は「周到に準備された殺人」だった可能性が一段と高まった。

 国営サウジ通信は「トルコ側から事件の容疑者が計画的な意図で犯行を実行したことを示す情報を受け取った…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです