メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害弁護団「救済対象者に通知を」 与党に要望

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、被害弁護団は25日、救済策を検討している自民、公明両党による与党ワーキングチーム(WT)の会合に初めて出席した。弁護団は、救済対象者に救済制度周知のために通知することなどを求めた。与党WTは被害弁護団の要望を踏まえ、月内にも救済策の骨子を公表する方針だ。

 救済策を巡っては、弁護団側は、救済対象であることを被害者本人に通知するよう求めてきたが、与党WTや…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです