メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WGC-HSBCチャンピオンズ

[速報]日本人最上位は松山の通算2アンダー21位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目

PGAツアー第5戦 WGC-HSBCチャンピオンズ/中国 シーシャン・インターナショナルGC

 上海(中国)で開催されているWGC-HSBCチャンピオンズ。日本人選手は松山英樹、小平智、池田勇太、稲森佑貴の4人が出場している。

 日本人最上位は松山の通算2アンダー21位タイ。小平が通算1オーバー35位タイ、池田が通算5オーバー58位タイ、稲森が通算12オーバー76位と続いている。

MORE:WGC-HSBCチャンピオンズの最新スコアはここをクリック!

 松山はイーブンパー27位タイで2日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。1番パー4でボギーが先行したが、2番パー5と5番パー4でバーディを奪った。7番パー4で再びボギーを叩いたが、8番パー5でバーディを取り返し、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4をボギーとしたが、14番パー5でバーディを取り返すと、18番パー5もバーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは5バーディ、3ボギーの2アンダー70(パー72)。通算2アンダー21位タイに順位を上げた。

 小平もイーブンパー27位タイで2日目を迎えたが、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの1オーバー73とスコアを落とした。通算1オーバー35位タイに順位を下げた。

 池田は3オーバー59位タイで2日目を迎え、3バーディ、5ボギーの2オーバー74でプレー。通算5オーバー58位タイとなった。

 稲森は2オーバー49位タイで2日目を迎えたが、1バーディ、3ボギー、1ダブルボギー、2トリプルボギーの10オーバー82と大きくスコアを崩した。通算12オーバー76位に後退した。

 今大会は招待選手78人のみの出場となっており、棄権や失格とならない限り最終日までプレーできる(クリス・ウッドが棄権したため、現時点でプレーしているのは77人)。

トニー・フィナウが通算11アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に浮上 Photo by Matthew Lewis/Getty Images

 2日目終了時点で首位に立ったのは、トニー・フィナウ(米国)。6アンダー2位タイで2日目を迎え、5アンダー67でプレー。通算11アンダーまでスコアを伸ばした。

 首位と3打差の通算8アンダー2位タイに、初日首位のパトリック・リード(米国)、前年覇者のジャスティン・ローズ(イングランド)、トミー・フリートウッド(イングランド)の3人が並んだ。

 首位と4打差の通算7アンダー5位に、ザンダー・シャウフェレ(米国)が続いている。

 出場選手の中で世界ランキング最上位(1位)のブルックス・ケプカ(米国)は、イーブンパー27位タイで2日目を迎えたが、2オーバー74とスコアを落とした。通算2オーバー40位タイと低迷している。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです