メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

戸田恵梨香主演「大恋愛~僕を忘れる君と」 セリフに込められた言葉の力=碓井広義

 金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)が始まる前、正直言って懸念があった。まず、恋愛ドラマであることはわかるが、一見ふざけているかのような、大胆すぎるタイトルに驚いた。

 また番組サイトでは「若年性アルツハイマーにおかされた女医と、彼女を明るく健気(けなげ)に支える元小説家の男」の物語だと紹介されている。「よくある難病モノか」と思ったり、「韓流ドラマみたいな話だな」と感じたりする人も多いのではないかと気になった。映画に「私の頭の中の消しゴム」(2004年韓国)といった佳作があったからだ。

 さらに出演者のこともある。戸田恵梨香は、どんなドラマでも的確に役柄を表現できる力を持つ女優だが、「代表作は?」と聞かれたら、すぐに答えられない。また、ムロツヨシは個性派という呼び方がぴったりなクセの強い俳優だ。たとえば「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)のようなカルトドラマでの怪演は誰にもまねできない。「そんな2人で難病系恋愛ドラマ?」と心配したのだ。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです