メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・天皇賞(秋) (日曜競馬)

能力信頼、スワーヴリチャード

 スワーヴリチャードが全力のロングスパートで頂点を奪取する。今年初戦の金鯱賞はムチ3発で上がり3ハロン33秒8を計時。520キロの自己最高体重だったが、後肢の踏み込みが深く、フットワークは格段に滑らかになった。続く大阪杯は出遅れて15番手からの競馬となってしまったが、向こう正面から動き出し、3コーナーで一気に先頭へ。この時に使った脚は1ハロン推定10秒台後半だったろう。さらに最後の3ハロンを11秒1-11秒4-11秒6という速いラップで後続を完封。一頭だけ次元の違う競馬だった。頭数と顔ぶれから、今回も前半はスローペースで上がりの勝負になる可能性が高…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです