メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・天皇賞(秋) (日曜競馬)

能力信頼、スワーヴリチャード

 スワーヴリチャードが全力のロングスパートで頂点を奪取する。今年初戦の金鯱賞はムチ3発で上がり3ハロン33秒8を計時。520キロの自己最高体重だったが、後肢の踏み込みが深く、フットワークは格段に滑らかになった。続く大阪杯は出遅れて15番手からの競馬となってしまったが、向こう正面から動き出し、3コーナーで一気に先頭へ。この時に使った脚は1ハロン推定10秒台後半だったろう。さらに最後の3ハロンを11秒1-11秒4-11秒6という速いラップで後続を完封。一頭だけ次元の違う競馬だった。頭数と顔ぶれから、今回も前半はスローペースで上がりの勝負になる可能性が高…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです