メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

走れ、隠れろ、闘え

乱射事件への対応について講義するポール・ウェルス警官=米ロサンゼルスで2018年10月15日、長野宏美

 「ラン(走れ)、ハイド(隠れろ)、ファイト(闘え)」。米国で一般的な、ある講習会に参加し、三つの心得を習った。銃の乱射事件が起きた時の対応だ。

 「まずは逃げて隠れる。それができなければ銃撃犯と闘う」。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で、警官がビデオを示して解説した。無防備に伏せるより、立ち向かう方が良い時もあるという。「消火器やボール、何…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです