給食

札幌・平岸高台小、災害備蓄米で 「食品ロス」学ぶ /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 札幌市立平岸高台小学校(同市豊平区)で26日、賞味期限が迫った災害時用の備蓄米を利用した給食が出された。まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」について、給食を味わいながら学んでもらうのが狙いだ。

 同校の5年生の教室では、担任の越山紘州(ひろくに)教諭が食品ロスの問題について説明した後、給食が配られた。献立はハンバーガー、和風サラダとかぼちゃのポタージュ。普段は小麦粉とバターでポタージュのルーを作るが、この日は備蓄米を野菜…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集