メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠別農業高

羊育て、存続危機脱出 日本最北の農業高校 ふるさと納税返礼品、ラム肉に人気 /北海道

 遠別町にある日本最北の農業高校、遠別農業高では、生徒が敷地内で羊を育て、ラム肉として販売している。同校は定員割れが続き、存続も危ぶまれた。町がラム肉をふるさと納税の返礼品にしてPRしたところ、人気を呼んで寄付額が急増。同校の取り組みが知られるようになり、新入生も増加に転じた。町は「想像以上の成果だ」と好循環を喜んでいる。

 日本海にほど近い同校は全校生徒59人で、実習農場を含めると約25ヘクタールの敷地を有する。畜産分会…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです