メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西澤潤一さん死去

「大きな光、失った」 関係者ら悼む声 /宮城

 仙台市出身で、半導体や光通信の研究の第一人者として東北大学長も務めた西澤潤一さんが21日、92歳で亡くなったことを受け、県内の関係者からは西澤さんの死去を悼む声や業績をたたえる声が聞こえた。東北大で長く研究生活を送った西澤さんは仙台市の名誉市民、宮城県の名誉県民にも顕彰されていた。

 郡和子市長は「体の加減が良くないのは聞いていたが、突然のことに驚いている」と肩を落とした。西澤さんは電子工学分野の優…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです