メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
勝利の方程式

大和のアスリートたち 柔道・大久保藍選手(生駒市立緑ケ丘中1年) 折れない心、武器に /奈良

得意技は背負い投げという大久保藍選手(手前)=奈良県生駒市で、姜弘修撮影

 生駒市立緑ケ丘中の大久保藍選手(13)は8月に広島市で開かれた第49回全国中学校柔道大会で、1年生ながら女子40キロ級で3位に入った。柔道漬けの毎日で、徹底して練習に取り組んだ成果を見せ、準々決勝まで全て一本勝ち。決勝進出は逃したが「来年は優勝できる」と、手応えを持ち帰った。

 父貴嗣さん(44)が館長を務める大阪府羽曳野市の「秀静館」で姉や兄に続き、3歳から柔道を始めた。小学生時代を知る現在の練習パートナー、丹波奈弓さん(13)は「強すぎて、一緒に練習させてもらえないほどだった」と振り返る。

 生駒市に引っ越した後、練習拠点を「幸心会正善館」(同市本町)に移した。放課後に正善館で汗を流した後…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文765文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです