特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季中国地区高校野球大会

開星、平田が敗退 大社、きょう岡山理大付と /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【開星-米子東】二回表開星1死満塁、岡山の中犠飛で山本が還り、2点目=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、益川量平撮影 拡大
【開星-米子東】二回表開星1死満塁、岡山の中犠飛で山本が還り、2点目=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、益川量平撮影

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は26日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムと同市営球場で開幕し、1回戦3試合があった。県勢は開星が米子東(鳥取)にサヨナラ負け。平田も崇徳(広島)に敗れ、ともに1回戦で姿を消した。

 中国5県の各県大会で上位となった15校が出場する。この大会の成績は、来年3月23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校を選考するための重要な参考資料となる。

 この日は午前9時からマスカットスタジアムで開会式があり、倉敷商(岡山1位)の岡田健吾主将(2年)が「仲間と共に最後の瞬間まで白球を追い掛け、全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

 27日は1回戦4試合が予定されている。【戸田紗友莉】

 ▽1回戦

開星(島根)

  0200000400=6

  0010120201=7

米子東(鳥取)

 (延長十回)

 (開)岡山、田中、沢田-引野、青笹

 (米)森下-長尾

▽三塁打 岡本(米)

▽二塁打 山本2、内田(開)福島康、森下(米)

 米子東がシーソーゲームを制した。2点リードされた八回に山内の犠飛などで同点に追い付き、延長十回に福島悠の適時打でサヨナラ勝ちした。開星は相手を上回る14安打を放ったが、2度のリードを守り切れなかった。

鳥取城北(鳥取)

  000200010=3

  01230201×=9

創志学園(岡山)

 (鳥)阪上、成田、別所-大成

 (創)西、草加-横関

▽本塁打 山田(鳥)

▽二塁打 河野(鳥)森田(創)

 創志学園は二回に押し出しで先制。1点差に迫られた四回には、西の適時打などで3得点し、その後も着実に追加点を挙げて相手を突き放した。鳥取城北は四回に山田の2点本塁打で追いすがったが、後が続かなかった。

平田(島根)

  3000200=5

  1020063=12

崇徳(広島)

 (七回コールド)

 (平)古川、高橋、錦織、古川-三島

 (崇)藤田、倉本-池上

▽三塁打 高橋、横山(崇)

▽二塁打 久家(平)野田、池上2、松岡(崇)

 崇徳は2点を追い掛ける六回、2本の三塁打を含む打者一巡の猛攻で6点を挙げて逆転。七回にも加点し、コールド勝ちした。平田は初回に無安打で3点を先制し、五回にも再びリードを奪ったが、粘れなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする