メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒト臓器

「ブタ」解禁 移植用作製・創薬研究へ 指針改正後、来春にも

 政府の総合科学技術・イノベーション会議の生命倫理専門調査会は26日、動物とヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植して子を産ませ、ヒトの臓器を持つ動物を作る研究を条件付きで認めた。文部科学省がまとめた指針改正案を了承した。改正手続きを経て、来春にも動物の体内でヒトの移植用臓器作りや、ヒト臓器を持つ動物で病気を再現し創薬を目指す研究を解禁する。

 動物性集合胚は、動物の胚(受精卵)にヒトの細胞を注入して作る。ヒトと動物の区別があいまいな生物が生…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです