メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒト臓器

「ブタ」解禁 移植用作製・創薬研究へ 指針改正後、来春にも

 政府の総合科学技術・イノベーション会議の生命倫理専門調査会は26日、動物とヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植して子を産ませ、ヒトの臓器を持つ動物を作る研究を条件付きで認めた。文部科学省がまとめた指針改正案を了承した。改正手続きを経て、来春にも動物の体内でヒトの移植用臓器作りや、ヒト臓器を持つ動物で病気を再現し創薬を目指す研究を解禁する。

 動物性集合胚は、動物の胚(受精卵)にヒトの細胞を注入して作る。ヒトと動物の区別があいまいな生物が生まれる恐れがあり、2000年制定のクローン技術規制法に基づく現行指針は培養を最大14日間に限定し、動物の子宮に戻すことを禁じている。当時はこの胚の成長の制御が難しかったが、技術が進んだことなどから、調査会は13年に条件を満たせば動物の子宮に戻すことを容認する見解を示し、文科省が5年かけて条件などを検…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです