日中首脳会談

ODA、中国発展の礎 上海浦東空港、病院や人材育成も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
建設の際に日本政府の円借款が提供された浦東国際空港第1ターミナルビル=上海で2018年10月26日、工藤哲撮影
建設の際に日本政府の円借款が提供された浦東国際空港第1ターミナルビル=上海で2018年10月26日、工藤哲撮影

 【上海・工藤哲】安倍晋三首相は中国訪問に合わせ、中国への政府開発援助(ODA)の終了を伝達した。中国へのODAは、大型インフラ整備にとどまらず環境対策や人材育成など多岐にわたる。長年ODAに携わった関係者は改めてその意義を振り返った。

 上海の空の玄関口、浦東国際空港。第1ターミナルの一角には、空港建設に日本政府の円借款が役割を果たしたことを示すプレートが掲げられている。1996年に空港計画が立ち上がり、97年10月着工、99年9月に完成した。

 国際協力機構(JICA)中国事務所長の中里太治さん(53)=北京在住=はかつて海外経済協力基金(OECF)職員として建設に携わった。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文806文字)

あわせて読みたい

注目の特集