メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米GDP

3.5%増 貿易戦争影響限られ 7~9月速報値

 【ワシントン中井正裕】米商務省が26日発表した2018年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比3・5%増となった。約4年ぶりの高い伸びとなった前期(4~6月期)の4・2%増から減速したものの高成長が続いていることを示した。トランプ政権の大型減税や雇用・賃金改善を追い風に好調な個人消費が成長をけん引した。

 7~9月期は米国と中国が3回にわたり相互に追加関税を発動し、貿易戦争が激化した。その影響が注目され…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです