メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

先行き不安、東証乱高下 一時2万1000円割れ 決算、期待外れ

 26日の東京株式市場は、売りと買いが交錯する荒い値動きとなった。日経平均株価は約500円の値幅で乱高下し、一時約7カ月ぶりとなる2万1000円を割り込み、前日終値比84円13銭安の2万1184円60銭で取引を終えた。金融市場は、世界経済の先行き不安を背景に不安定な状況が続いている。

 朝方の日経平均は、25日の米ニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が400ドル高となったことを好感し、前日終値比172円高で取引を開始した。だが、米市場の取引終了後に公表された米通販大手アマゾン・コムや米グーグルの持ち株会社の業績が市場予想を下回ったことが重しとなり、上げ幅は徐々に縮小。貿易摩擦で米国と対立する中国の上海総合指数がさえないことも嫌気され、日経平均は午後0時半過ぎに300円近くも値を下げた。その後は買い戻す動きも出て、もみあいのまま取引を終えた。

 前日の大幅な米国株反発にもかかわらず日経平均株価が続落した背景には、世界経済の先行き不透明感の根強…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです