特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

時間も勝負のうち

 [先]5六飛と逃げる手に[後]4六歩の手筋で閉じ込められ、先手の飛車は息苦しい形。しかし糸谷将棋はヘンテコな形になってから怪力を発揮する。

 [後]4七歩の垂らしに、[先]8二歩が機敏な一手。[後]同飛は[先]7一角[後]7二飛[先]6二角成[後]同飛[先]3八金と角を捕獲して先手よしだ。豊島は[後]6一飛とかわしたが、この利かしが一本入ったのは大きかった。糸谷は「本譜は少し勝負になったか」と希望を持った。

 夕食休憩後、[後]2九馬の時点で2人の残り時間にかなり開きが出た。豊島は1時間15分、糸谷は3時間25分。形勢は依然として豊島がリードしているが、残り時間2時間以上の差は無視できない。「糸谷さんは時間も勝負のうちと考えているんでしょうね」というプロ棋士もいた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文864文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集