メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「寄せ植え」で華やかな冬に

(左から)オレアリア、ガーデンシクラメン、シロタエギク

 一つの鉢に数種類の花を組み合わせて植える「寄せ植え」は、花の色や種類を選び、自分好みの空間を作り出すことができる。秋冬の寄せ植えの楽しみ方をまとめた。

 ●色で印象様変わり

 種苗メーカー「サカタのタネ」(横浜市)によると、寒さや霜で育たないことを避けるため、寄せ植えは冬が本格化する前に作るのがよいという。「色の合わせ方一つで印象が変わり、楽しみ方が無限なのが寄せ植えのいいところ。マンションのベランダでも楽しめます」と話す、園芸研究家の山田幸子さん(71)に作り方を教わった。

 一つの鉢に植える植物は3~4種類が目安だ。まずは主役の花を選ぶ。冬に向けたお薦めは、寒さに強いパンジーやビオラ、シクラメンなど。これに脇役の花や緑を組み合わせるとバランスが良くなる。高さの違う花を交ぜれば立体感が生まれる。今回は、主役の花に黄色と紫のビオラを選び、シロタエギクとタイムを添えた。チューリップの球根は、忘れたころに花を咲かせるので春までのお楽しみだ。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです