連載

トレンド観測

映画や文学、サブカルチャーまで。各分野の旬なテーマを追いかけます。

連載一覧

トレンド観測

Theme 京博・刀剣展に若い女性続々 ゲームや映画で身近に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都国立博物館の重要文化財「明治古都館」の中央ホールには、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する「刀剣男士」の等身大パネルが設置され、女性ファンらが熱心に撮影していた=京都市東山区で
京都国立博物館の重要文化財「明治古都館」の中央ホールには、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する「刀剣男士」の等身大パネルが設置され、女性ファンらが熱心に撮影していた=京都市東山区で

 日本文化を象徴する至宝を収蔵、展示してきた京都国立博物館(京都市東山区、京博)に今、若い女性が詰めかけている。お目当ては、11月25日まで開催中の特別展「京(みやこ)のかたな」。京博初の大規模刀剣展だ。数年前から刀剣ブームと言われてきたが、平日に入場待ちの列ができることもあり、図録も早々に増刷がかかった。人々を引きつける理由は何か。

 「京のかたな」展は、京都ゆかりの鍛冶(山城鍛冶)に焦点を当て、「国宝 太刀 銘三条」(名物三日月宗近)など国宝19件と著名刀工の代表作を中心にした刀剣約170件と、関連する絵画などが並ぶ(一部展示替えあり。10月30日から後期展示。月曜休館)。担当した末兼俊彦主任研究員は「初公開作品のオンパレード。山城の刀は格式の上でナンバーワン」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1049文字)

あわせて読みたい

注目の特集