メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

『新潮45』事実上廃刊 今回のゲスト 武田砂鉄さん(その1)

森健さん(左)とライターの武田砂鉄さん=東京都千代田区一ツ橋で

 月刊誌『新潮45』への寄稿やその後の特別企画が、性的少数者(LGBTなど)に差別的と批判を受け、同誌は事実上の廃刊に追い込まれた。ジャーナリストの森健さんがフリーライターの武田砂鉄さんを迎え、出版界への影響や今後の書き手、メディアの役割などについて話し合った。【構成・栗原俊雄、撮影・山下浩一】

 森 『新潮45』(『45』)の10月号は、特別企画=注<1>=の影響か売れたようですね。昨今は、偏った主張でも一定の需要があるようですが、メディアとしての格、というものがある。なぜ新潮社が、という驚きがありました。

 武田 その前、8月号に掲載された杉田水脈氏の文章=注<2>=が大きな問題になっていた。その批判を受けての10月号、特集のリード部分は編集部によるものですが、その文章への批判について「見当外れの大バッシングに見舞われた」とした。これが「厳しい意見が多かったが、私たちはもう一度この問題を考えてみたい」との立場であれば、大いに議論の余地があったと思います。しかし、「さあ、もう一回いくぞ」との勢いで企画…

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文2183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです