【都市対抗ライブ】前回大会覇者が登場 ホンダvsJR東日本東北

連載

森健の現代をみる

ジャーナリストの森健さんが、さまざまな分野で活躍するゲストと対談する新企画。

連載一覧

森健の現代をみる

『新潮45』事実上廃刊 今回のゲスト 武田砂鉄さん(その2止)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
森健さん
森健さん

なぜおかしいのか 指摘し続ける必要ある

 武田 書店員の知り合いに聞くと、「(ヘイト本を)普通の人が買っていく」と言います。届けたい本を並べたくても、経営面を優先し、どうしても売り上げに準じたラインアップになる。ヘイト本も置かざるを得ない。多くの書店員は葛藤しているのだと思います。

 森 今回の休刊でどんな影響があるでしょう。

 武田 新潮社は『考える人』が休刊になり(2017年)、ノンフィクションを載せる場所がほぼなくなってしまいました。月刊誌での復活は難しいでしょう。他の大手と比べても、このジャンルをしぶとく続けてきたのに残念です。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1181文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集