メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

『新潮45』事実上廃刊 今回のゲスト 武田砂鉄さん(その2止)

森健さん

なぜおかしいのか 指摘し続ける必要ある

 武田 書店員の知り合いに聞くと、「(ヘイト本を)普通の人が買っていく」と言います。届けたい本を並べたくても、経営面を優先し、どうしても売り上げに準じたラインアップになる。ヘイト本も置かざるを得ない。多くの書店員は葛藤しているのだと思います。

 森 今回の休刊でどんな影響があるでしょう。

 武田 新潮社は『考える人』が休刊になり(2017年)、ノンフィクションを載せる場所がほぼなくなって…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです