メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

『新潮45』事実上廃刊 今回のゲスト 武田砂鉄さん(その2止)

森健さん

なぜおかしいのか 指摘し続ける必要ある

 武田 書店員の知り合いに聞くと、「(ヘイト本を)普通の人が買っていく」と言います。届けたい本を並べたくても、経営面を優先し、どうしても売り上げに準じたラインアップになる。ヘイト本も置かざるを得ない。多くの書店員は葛藤しているのだと思います。

 森 今回の休刊でどんな影響があるでしょう。

 武田 新潮社は『考える人』が休刊になり(2017年)、ノンフィクションを載せる場所がほぼなくなって…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1181文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです