メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

若冲ブーム先駆け 細見美術館・細見良行館長の巻

細見美術館内のカフェに立つ桂南光さん(左)と細見良行館長=京都市左京区で

 近年ブームが続く伊藤若冲(じゃくちゅう)や江戸琳派など、日本美術の名品を多く所蔵する細見美術館(京都市左京区)は今年、開館20周年。アートを愛する桂南光さんお気に入りの場所で、コレクションのみならず、空間そのものにも魅力を感じていると言います。大阪の実業家だった祖父に始まる3代のコレクションを美術館に結実させた細見良行館長に、ブーム以前から地道に日本美術に光を当て続けたこだわりを聞くべく、初秋の京都を訪ねました。【山田夢留、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1705文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです