メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 残留争い大混戦 最下位から残留ラインまで勝ち点5差

 サッカーJ1は最終盤に入った。上位争いだけでなく、まれにみる大混戦の残留争いも注目される。Jリーグ設立から25年。各クラブが戦力を整え、群雄割拠の時代に入っていることが背景にある。【大島祥平】

戦力差小さく「独り負け」もなし

 今季J1は17、18位がJ2に自動降格し、16位はJ2の3~6位のプレーオフ勝者と入れ替え戦を行う。現在、長崎が最下位の18位だが、勝ち点29は残留ライン15位の磐田の34まで5差と食らいついている。勝ち点33で17位の柏から、同39で10位のガ大阪までは2勝分の勝ち点6差内で8チームがひしめく。

 残留争いを激しくしている一因は「脱落チーム」がないことだ。J1が18チーム制となった2005年以降…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです