メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

京都・皇室文化展 岩倉具視へ下賜刀 30日から展示

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     京都市中京区の京都文化博物館で明治150年を記念した特別展「華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美」が好評開催中です。

     本展は、幕末から明治期にかけ、皇室文化が西洋化を受容しながらも、伝統文化を継承してゆく流れを、ゆかりの作品や愛用の調度品などで紹介。京都から多くを輩出した帝室技芸員の匠(たくみ)の技が光る名品もお楽しみいただけます。

     30日からの後期展示では、明治維新の功労者として知られる岩倉具視が、和宮降嫁の功績で孝明天皇(明治天皇の父)から下賜された「脇差」、同<下>は拵(こしらえ)(重要文化財、刀工・長谷部国重、総金具・後藤光文、京都市歴史資料館蔵)も登場します。

    ポストカード贈呈

     この作品をあしらったポストカード(非売品)を、30日(火)~11月3日(土・祝)の5日間、本展入場者先着各日100人にプレゼントします。

     秋の京都を散策しながら、ぜひ会場に足をお運びください。

     <会期>11月25日(日)まで。月曜休館。入場は10~17時半※金曜は19時まで<会場>京都文化博物館(京都市中京区三条高倉、075・222・0888)<入館料>一般1400(1200)円、高校・大学生1000(800)円、小・中学生500(300)円。かっこ内は20人以上の団体料金

     主催 毎日新聞社など

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
    3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
    4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
    5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです