メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

九州場所 来月11日初日 明生、豊響の「復活劇」 鹿児島・山口出身、2力士に注目

 大相撲の1年を締めくくる九州場所が福岡市の福岡国際センターで11月11日に初日を迎える。九州・山口ゆかりの力士では、返り入幕が確実な鹿児島県出身の明生(めいせい)(本名・川畑明生、立浪部屋、23歳)と、不整脈の影響で幕下に陥落しながら十両復帰が目前に迫った山口県出身の豊響(とよひびき)(本名・門元隆太、境川部屋、33歳)の「復活劇」に注目が集まる。【吉見裕都】

 相撲どころの奄美で育った明生は2011年5月の技量審査場所で初土俵を踏み、今年7月の名古屋場所で新…

この記事は有料記事です。

残り2239文字(全文2471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです