メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西弁

好き1位は「なんでやねん」 武庫川女子大調査

大阪・ミナミの戎橋=望月亮一撮影

 好きな関西弁1位は「なんでやねん」--。武庫川女子大言語文化研究所(西宮市池開町6)は、大学生らを対象に好き・嫌いな関西弁に関するアンケートを行い、調査結果を発表した。「好き」には日ごろよく使われる言葉が、「嫌い」には怖さやきつさを感じさせるものが上位に入った。【石川勝義】

 調査は武庫川女子大と阪南大の学生151人、言語文化研究所の活動に協力する市民66人の計217人から回答を得た。回答者の8割以上が関西出身で、好き・嫌いな関西弁とその理由を一緒に記述式で複数挙げてもらった。

 好きな関西弁1位となった「なんでやねん」(33票)には、「関西弁らしい」「突っ込みの定番」「ノリがいい」という意見が多かった。2位以降は「ほんま」(31票)、「めっちゃ」(30票)、「あかん」(24票)が続き、いずれも語感のかわいらしさや柔らかさが評価されていた。「あほ」(17票)も「面白いやつ」という肯定的な意味合いで5位に入った。

 嫌いな関西弁では「どつく」(29票)、「いてまう」(21票)、「あほか」(19票)、「ワレ」(18票)が上位にランクイン。良くない意味をさらに品が悪く表現していることが特徴だったという。

 また、好きな関西弁が計660票127種類だったのに対し、嫌いな関西弁は計378票165種類で、否定的な言葉のバリエーションが多いことも分かった。

関西人イメージ 無意識に反映?

 調査分析を担当した岸本千秋研究員は「『なんでやねん』はお笑いの定番。選んだ大半が学生で、無意識のうちにお笑いに代表される『関西人のイメージ』に応えようとしているのかもしれない」と話している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです