メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発再稼働

地元の住民に歓迎や不安の思い

伊方原発の再稼働を受けて声を上げる市民ら=伊方町九町の伊方原発ゲート前で2018年10月27日午前8時47分、遠藤龍撮影

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)が27日未明に再稼働したことを受け、原発周辺では再稼働に反対する県内外の団体のメンバーらが抗議の声を上げた。一方、地元の住民には歓迎や不安の思いが入り交じった。

 午前8時、原発のゲート前には約100人が集まり、「原発いらん」「廃炉伊方原発」と書かれたのぼり旗やプレートを掲げて反原発の歌を合唱。「再稼働反対」「今すぐやめろ」と声を上げた。

 同県新居浜市の秦左子(はた・さこ)さん(61)は「子どもや孫のためにも原発は残せない。どうして再稼働が必要なのか」と疑問を呈し、香川県から訪れた名出真一さん(54)は「憤りを感じる。本当に安全と言えるのか」と反発した。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです