メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

先行き不安、乱高下 一時2万1000円割れ

 26日の東京株式市場は、売りと買いが交錯する荒い値動きとなった。日経平均株価は約500円の値幅で乱高下し、一時約7カ月ぶりとなる2万1000円を割り込み、前日終値比84円13銭安の2万1184円60銭で取引を終えた。金融市場は、世界経済の先行き不安を背景に不安定な状況が続いている。

決算、期待外れ

 朝方の日経平均は、25日の米ニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が400ドル高となったことを好感し、前日終値比172円高で取引を開始した。だが、米市場の取引終了後に公表された米通販大手アマゾン・コムや米グーグルの持ち株会社の業績が市場予想を下回ったことが重しとなり、上げ幅は徐々に縮小。貿易摩擦で米国と対立する中国の上海総合指数がさえないことも嫌気され、日経平均は午後0時半過ぎに300円近くも値を下げた。その後は買い戻す動きも出て、もみあいのまま取引を終えた。

 前日の大幅な米国株反発にもかかわらず日経平均株価が続落した背景には、世界経済の先行き不透明感の根強…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです