メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千趣会

2年連続赤字へ 通販振るわず、社長ら引責辞任

 「ベルメゾン」ブランドのカタログ通販大手、千趣会は26日、2億円の黒字としてきた2018年12月期連結最終(当期)損益の見通しを90億~103億円の赤字に下方修正した。主力のカタログ通販の不振が響いて2年連続の最終赤字となり、追加の希望退職や本社ビルの売却を含むリストラ策を発表。星野裕幸社長(58)は31日付で引責辞任する。

 星野氏を含む取締役4人が引責辞任して、後任社長には梶原健司取締役(57)が11月1日付で昇格する。希望退職はグループの全従業員の約15%に当たる280人を募り、45歳以上の正社員らが対象となる。分散していたオフィスは大阪と東京の両本社に集約して業務を効率化し、大阪市北区に所有する現在の本社ビルは売却する。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです