メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア調査会

小和田恒氏、国際司法裁判所の役割を講演

 アジア調査会(五百旗頭真会長)主催の講演会が26日、東京都内のホテルで開かれ、6月まで国際司法裁判所(ICJ)の判事を務めた小和田恒(ひさし)氏が「国際紛争と国際裁判」と題し、ICJの役割などを解説した。

 小和田氏は、領有権争いの仲裁など国際社会の秩序にICJが貢献しているとした上で「裁判に持ち込む…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです