メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケロリン桶

ピラミッドや高層タワーに 都内銭湯で作品展

ケロリンおけで作ったタワー

 銭湯でおなじみの「ケロリン」と書かれた黄色い風呂おけを使ったアート作品展「ケロリンミュージアム」が10月27、28両日、東京都足立区千住元町の銭湯「タカラ湯」で開かれる。

 ケロリンは、富山県に本社がある内外薬品(現富山めぐみ製薬)が製造・販売する解熱鎮痛剤。今回の作品展は、タカラ湯と富山県の新聞社が地域PRの一環として企画した。

 当日は、2024個の風呂おけで組んだピラミッドや、大人の背丈を超える高層タワー、富山ゆかりの立山連峰をイメージした作品などが浴室を彩る。「幻」といわれる、白いケロリンの風呂おけも見られる。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです