メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
富田林逃走

休憩室でスマホ 留置担当者逃走に気付かず

勾留中だった樋田淳也容疑者が逃走した大阪府警富田林署=大阪府富田林市で、幾島健太郎撮影

 加重逃走罪で起訴された樋田淳也(ひだじゅんや)被告(30)が大阪府警富田林署から逃げた事件。府警は26日、署トップの山内寛署長(56)を含む7人の懲戒処分を発表した。府警本部で開かれた記者会見では、スマートフォンを長時間操作していた留置担当者が逃走に気付かなかったことなど、留置管理のずさんさが次々と明らかになった。

 府警によると、樋田被告が弁護士との接見を始めたのは、今年8月12日午後7時半ごろ。留置担当の巡査部…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文845文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです