メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富田林逃走

休憩室でスマホ 留置担当者逃走に気付かず

勾留中だった樋田淳也容疑者が逃走した大阪府警富田林署=大阪府富田林市で、幾島健太郎撮影

 加重逃走罪で起訴された樋田淳也(ひだじゅんや)被告(30)が大阪府警富田林署から逃げた事件。府警は26日、署トップの山内寛署長(56)を含む7人の懲戒処分を発表した。府警本部で開かれた記者会見では、スマートフォンを長時間操作していた留置担当者が逃走に気付かなかったことなど、留置管理のずさんさが次々と明らかになった。

 府警によると、樋田被告が弁護士との接見を始めたのは、今年8月12日午後7時半ごろ。留置担当の巡査部…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです