メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

がん治療でゲノム検査拡充 全国50施設指定へ

 厚生労働省は、がん患者のゲノム(全遺伝情報)を治療に生かす「がんゲノム医療」の検査(遺伝子パネル検査)ができる病院を増やす方針を固めた。現在は全国11施設のみだが、新たに「拠点病院」を指定し、将来的には全都道府県で50施設弱とする見通し。厚労省はこの検査に来年4月から公的保険を適用できるよう手続きを進めており、ゲノム医療の体制拡充が必要と判断した。年内にも指定要件を公表し、公募を始める。

 パネル検査は網羅的にがんの原因となる異常(変異)を調べ、効率的な診断や効果的な治療が可能になる。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです