連載

クトゥーゾフの窓から

2018年春から2度目のモスクワ勤務に臨んでいます。目抜き通りの一つ「クトゥーゾフ通り」に面する支局の窓を開けると、何が見えてくるのか。周辺地域ものぞき込みながら考えていきます。

連載一覧

クトゥーゾフの窓から

北の島々は(1)日露平和条約の現状を考える プーチン発言のサインは?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相は10月24日の所信表明演説で、ロシアとの間で平和条約締結を目指す意向を改めて表明した=AP
安倍晋三首相は10月24日の所信表明演説で、ロシアとの間で平和条約締結を目指す意向を改めて表明した=AP

 「領土問題を解決し、日露平和条約を締結する。日露新時代を切り開いてまいります」(10月24日の所信表明演説)

 安倍晋三首相は北方領土問題(本稿では「平和条約問題」という表記に統一する)の解決に向けた発言を繰り返している。かたやロシアのプーチン大統領は「70年も続けてきた(平和条約問題の)話し合いをこの後も続けるのか」と突き放しているかのようだ。果たして、平和条約問題の現状はどうなっているのだろうか。

 簡潔に言えば、時計の針が20年前に戻った状態。少なくとも、私はそのような印象を強めている。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1921文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集