メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

北の島々は(1)日露平和条約の現状を考える プーチン発言のサインは?

安倍晋三首相は10月24日の所信表明演説で、ロシアとの間で平和条約締結を目指す意向を改めて表明した=AP

 「領土問題を解決し、日露平和条約を締結する。日露新時代を切り開いてまいります」(10月24日の所信表明演説)

 安倍晋三首相は北方領土問題(本稿では「平和条約問題」という表記に統一する)の解決に向けた発言を繰り返している。かたやロシアのプーチン大統領は「70年も続けてきた(平和条約問題の)話し合いをこの後も続けるのか」と突き放しているかのようだ。果たして、平和条約問題の現状はどうなっているのだろうか。

 簡潔に言えば、時計の針が20年前に戻った状態。少なくとも、私はそのような印象を強めている。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1921文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです