メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選会 都大路へ 男子、東海大山形2年連続 女子、山形城北が2年ぶり /山形

 師走の京都・都大路を目指す男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選会(県高体連、県教委、毎日新聞社など主催、長井市、同市教委共催)が27日、長井市の光洋精機アスリートフィールド長井(長井市陸上競技場)を発着点に行われ、男子は東海大山形が2時間13分10秒で2年連続16回目、女子は山形城北が1時間12分13秒で2年ぶり27回目の優勝を飾った。両校は12月23日に京都市で行われる全国大会に出場する。また、男子上位4チーム、女子5チームは11月8日に岩手県一関市で開かれる東北大会に出場する。記念大会の女子は東北大会で各県優勝チームを除いた最上位になると、全国大会出場権を得る。【日高七海、的野暁、佐藤良一】

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです