LGBT

「大学の連携大切」 筑波大がシンポ 東京キャンパス /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 筑波大学は26日、大学におけるLGBTなど性的少数者への支援のあり方を考えるシンポジウムを、東京都文京区の同大東京キャンパスで開いた。同大など計5大学の担当者が取り組みを紹介。パネル討論では「良い事例を共有し、連携して取り組むことが大切だ」と確認した。

 シンポには、大学関係者や企業の人事担当者ら約120人が参加。筑波大が「当事者の望まない情報暴露をハラスメント(嫌がらせ)と評価する」としたガイドラインの内容を解説したほか、…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集