特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季関東地区高校野球大会

桐蔭が決勝進出 習志野を振り切る /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、甲府市の山日YBS球場で準決勝があり、桐蔭学園(神奈川2位)が習志野(千葉2位)を4-2で、春日部共栄(埼玉1位)が山梨学院(山梨2位)を2-1でそれぞれ破り、決勝進出を決めた。28日午前10時から同球場で決勝が行われる予定。【金子昇太】

六回集中打3点

 <山日YBS球場>

 ▽準決勝

桐蔭学園

  000003010=4

  000000110=2

習志野

 桐蔭学園は六回、馬場の適時打などで打線をつなぎ、3点を奪って先制。八回には川久保の二塁打で1点を加え、突き放した。習志野は八回、連打でチャンスを広げ、2点目をもぎとったが反撃は続かなかった。

ミス反省「万全な状態で」 川久保瞭太三塁手・桐蔭学園(1年)

 二回裏1死。相手打者が放ったファウルフライに果敢に突っ込みダイビングキャッチ。スタンドから大歓声を浴びた。「(取れるかどうか)ギリギリかなと思ったが、取ったら絶対離さない」と歯を食いしばったという。

 悔やむのは、八回裏に送球ミスで相手に反撃の機会を与えてしまったことだ。試合を通してエラーを出さないという目標は達成できなかった。「飛んできた打球は全てアウトにしなければ」と気を引き締めた。

 中学までは遊撃手だったが、この秋の新チーム結成で三塁手になった。県大会決勝戦ではチーム全体で守備のミスが目立った。

 「バント処理や三塁ベースとの距離感が感覚としてつかめていない」。三塁手としての自身の課題に向き合い、監督の教えを真剣に聞きながら、弱点の克服に励んできた。

 初戦のサヨナラ逆転本塁打から始まった激しい大会も決勝を残すのみ。「ミスが出た分、夜にしっかり準備をして万全な状態で迎えたい」。一試合一試合、全力で目の前の相手に挑む。その姿勢は変わらない。【洪〓香】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1506

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする