特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季近畿地区高校野球大会

智弁和歌山、圧勝8強 市和歌山接戦、力尽く /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【智弁和歌山-大阪偕星】六回表智弁和歌山1死一、二塁、綾原が3ランを放ち逆転=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影 拡大
【智弁和歌山-大阪偕星】六回表智弁和歌山1死一、二塁、綾原が3ランを放ち逆転=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第3日の27日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で1回戦の残り2試合と準々決勝1試合の計3試合が行われ、龍谷大平安(京都3位)が4強に一番乗りした。智弁和歌山(和歌山1位)と大阪桐蔭(大阪2位)は準々決勝に進んだ。

 第1試合は智弁和歌山打線が後半に爆発し、大阪偕星学園(大阪3位)に八回コールド勝ち。第2試合は大阪桐蔭が投打に橿原(奈良2位)を圧倒して六回コールド勝ちした。第3試合から準々決勝に入り、接戦の末に龍谷大平安が市和歌山(和歌山2位)にサヨナラ勝ちした。

 大会第4日の28日は、午前9時から履正社(大阪1位)-福知山成美(京都1位)▽午前11時半から報徳学園(兵庫3位)-明石商(兵庫1位)▽午後2時から智弁和歌山-大阪桐蔭--の準々決勝の残り3試合がある。【黒川優、望月靖祥、砂押健太】

 ▽1回戦

智弁和歌山

  10001604=12

  20101010=5

大阪偕星学園

(八回コールド)

 智弁和歌山は2点を追う六回、綾原の逆転3ラン、東妻の適時二塁打、佐藤の2点適時打で計6点。八回にも綾原の3点二塁打などで4点を加え、16安打で12点を挙げて八回コールド勝ち。大阪偕星学園も12安打を放ったが、相手の継投策に要所を抑えられた。

殊勲の3ラン

 ○…智弁和歌山は9番の綾原創太選手(1年)が殊勲の逆転3ランを放った。2点を追う六回、内野安打と敵失で作った1死一、二塁の好機で高めの直球を振り抜くと、打球は左翼席に飛び込んだ。「入るとは思わなかった」と言うが、県大会決勝で公式戦初本塁打を放つなど好調を維持し、この試合も3安打6打点。「1番につなぐことを意識して打っているだけ」。センバツ出場を目指すチームで鍵を握る打者になりつつある。

 ▽準々決勝

市和歌山

  003000010=4

  100200011=5

龍谷大平安

 龍谷大平安は四回に羽切の2ラン、八回には奥村の犠飛で2度にわたり同点に追い付くと、九回には2死二、三塁から奥村が左越えに安打を放ち、三塁から中島が還ってサヨナラ勝ちした。市和歌山打線は好投した相手2番手の野沢を攻略し切れなかった。

149球力投実らず

力投した市和歌山先発の岩本真之介投手=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影 拡大
力投した市和歌山先発の岩本真之介投手=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影

 ○…好投を続けていた市和歌山の先発、岩本真之介投手(1年)は、終盤に球威が落ちて力尽きた。1点リードの八回に龍谷大平安の4番、水谷祥平選手(2年)に右越え三塁打を打たれ、続く打者の犠飛で追いつかれると、九回には四球も絡んで決勝打を浴びた。149球の力投は報われなかったものの「もっと持久力を付けたい」と前を向いた。

橿原   000000=0

大阪桐蔭 011404=10

 (六回コールド)

 (橿)西川-河下

 (大)新井、中田-石井

▽本塁打 柳本(大)

▽二塁打 井上(橿)山田2、宮本、榎木、西野(大)

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする