メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

児相は迷惑施設? 東京・南青山 計画に住民猛反発(その1) 「超一等地の価値が下がる」

東京都港区が開設を目指す児童相談所施設

 <access>

 高級ブランド店が並ぶ一等地の東京・南青山。その一角に児童相談所(児相)を開所する東京都港区の計画に、地元住民の一部が「不動産価値が下がる」などと猛反発している。虐待を受ける子を保護する児相は「迷惑施設」なのか。児童虐待防止が喫緊の課題となる中、児相新設を目指す他の自治体は飛び火を警戒している。

 港区は国から取得した南青山5の用地に児相を核とする子育て支援拠点を総事業費約100億円で建設し、2021年4月の開所を目指している。区は今月、住民説明会を開き、住民計約150人が参加した。参加者の女性によると、こんな質問や意見が出た。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです