メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙2018

注目区を歩く 上院アリゾナ州、下院オハイオ州12区

共和党上院議員候補の応援のため演説するトランプ大統領=米西部アリゾナ州メサで10月19日、ロイター

 米国第一主義を掲げてきたトランプ大統領への審判となる米中間選挙が11月6日に投開票される。トランプ大統領は掲げてきた政策の推進のため上下両院での多数派維持を目指し精力的に各地を回る。野党・民主党は下院での多数派奪還を狙う。注目を集める選挙区を歩き、選挙戦終盤の情勢を探った。

 ◆上院アリゾナ州

移民問題抱え トランプ氏、危機強調 中南米系、低い投票率

 「民主党が主導する不法移民に寛容な自治体は刑務所にいる危険人物を釈放している。もし11月に民主党が勝てば、麻薬商人や不法移民を招待するようなもんだ。それでいいのか」

 メキシコと国境を接する米西部アリゾナ州。今月19日に同州メサであった共和党の上院議員候補、マーサ・マクサリー氏(52)の集会に駆けつけたトランプ氏は「移民」や「壁」に何度も言及。支持者の反移民感情をあおり、大きな拍手を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り3381文字(全文3753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです